山田方谷ゼミナールVol.6 が発行されました。

さまざまな角度から山田方谷に迫る方谷研究会の会報誌。

研究報告論文3本のほか、研究成果や新史料の紹介、方谷関連本の書評を掲載。

方谷ファン必読です!

山田方谷ゼミナールVol.6
山田方谷ゼミナールVol.6

posted with amazlet at 18.09.10
吉備人出版 (2018-08-12)
売り上げランキング: 786,428

amazonにて購入可能です。

■書名:山田方谷ゼミナールVol.6
■著者:方谷研究会・編
■発行:方谷研究会
■発売:吉備人出版
■仕様:A5判 並製本
■頁数:105ページ
■定価:本体1200円+税
■目次
巻頭言/石井保(高梁方谷会会長、方谷研究会顧問)
研究会報告論文
安政の大獄と山田方谷
朝森 要(方谷研究会長)
山田方谷と福西志計子
児玉 享(高梁方谷会副会長、方谷研究会顧問)
山田方谷の陽明学について
吉田公平(東洋大学名誉教授)
研究ノート・史料紹介
晩年の山田方谷とその子女―主に書状による再検討を中心に―
森 俊弘(方谷研究会会員)
山田方谷と関藤藤陰の交流
山本邦男(山田方谷に学ぶ会会員、方谷研究会会員)
エッセイ・探訪
備前・蕃山の方谷先生旧廬址の「廬」をめぐって
片山純一(方谷研究会代表)
河井継之助と外山脩造の足跡をたずねて
高橋義雄(方谷研究会理事)
山田方谷没後一四〇年特別展「ほうこく先生が子どもたちへ伝えたいこと」
を開催して
明石英嗣(吉備路文学館館長)
山田方谷の「漢詩鑑賞」(第2回)
森 熊男(方谷研究会顧問)
書評
『龍が哭く︱河井継之助︱』秋山香乃・PHP研究所(石井 保)
『義の人西郷隆盛 誠の人山田方谷』
みの ごさく・幻冬舎メディアコンサルティング(片山純一)
『藩の借金200億円を返済し、200億円貯金した男、山田方谷
皆木和義・柏書房(片山純一)
方谷研究会役員会の報告
編集後記

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。