誠意とはなにか、と子供の頃に質問されたならば、以外と簡単に答えられたと思う。
今はどうか、山田方谷は自分の学問の根源に誠意をおいた、方谷の言う誠意とはどんなものか。
「古学大学」では誠意とは(自らを欺かない、誰もが同じように、悪臭を嫌い美しいものを好む。これは人間の本性である。だからこそ、君子はそのことを慎むのである)という。
論語の冒頭、人知らずして憤らず、も同じといえる。
今回の勉強は、方谷の誠について掘り下げていきたいと思う。
1.民を親しむ とは
得とは、いたずらに明らかにできるものではない、たとえば「孝」という徳を明らかにしようと思うならば、まずは自分の両親に親愛を尽くす。これは君臣fl夫婦、友の間でも同じことがいえる。つまり徳(明徳)を明らかにするとは、他者を信愛して尽くすほかない、明徳を明らかにすることは民を親しむことと同じことである。
大学の親民に対する王陽明の考えかたである。陽明学徒であった方谷の考えdeベースである陽明学が、誠意とは何かを教えてくれる。
ちなみに朱子は親民を新民と改め、「あたらにするとは、ふるきを改めるという意味とし、自分自身が明徳を明らかにして、それうぃたにんに及ぼし、他人の汚れを落とすこと」としている。
日本人の「親民」という言葉が持つ感覚は陽明の言う親民により近い気がする。
2.格物  とは
天下のものは本来至り尽くせるものではなく、「大学」の言う格物とはただ、心身の面で実践することを指している。
上は王陽明が格物をして語った言葉である。
大学では修養の順を8箇条に分け、格物・it致知・誠意・正心・修身・斉家・治国・平天下 の順とするが、その最初の修養が格物となる。
格物とは治国平天下をなす上でもっとも基本となるもので、天下を明らかにするにはまず国を治める、国を治めるには、家を整える、家を整えるにはそのみをおさめる、身を修めるにはまず心をただす、心をただすには、まずその意を誠にする、その意を誠にするにには、まずその知を致す、知を致すには物に格ることとする。
この基本となる格物の解釈についても、朱子と王陽明では異なっている。
朱子は知をなすには、物に格について、
致=推極、知=識、格=至、物=事 と解釈し、格物に関しては「物事の理を窮めるに至る。」とした。
さらに格物における格とは尽くす事でもあり、物事の理は窮め尽くさなければならず、23割程度では格物したとはいえない、100%尽くしてこそ格物したといえる。とした。
それに対し、王陽明は、理(聖人の道)は我々の性の中に充足しているものであって、従来、理の所在を事物に求め、それにいたろうとすることは大きな誤りであったとしsarさらに陽明は、格物窮理は我が心に自ずから足る聖人の道に依存しれなさるべき物とした。
このキズキが陽明学の始まりとなる。
3・知行合一について
知は行の目的であり、行いはちの実現である。
知は行の開始であり、行は知の完成である。
この事がわかれば、知だけを説いても行は含まれるし、行だけ説いても知は含まれる。