山田方谷生誕二百年記念 方谷印譜

 

山田方谷生誕二百年を記念して二百年祭実行委員会より方谷とその子孫の印譜集が発行されました。
方谷が愛用し、同市内の山田家に保管されている印を中心に計三十種類が網羅されています。方谷の書は掛け軸や額など千点を超えますが、偽物一が多く、識別への活用も期待されます。

印は、方谷の名・球を刻んだ「山田球印」、号の「方谷」のほか、城のある臥牛山にちなむ、「牛麓」、「有髪僧」「無量寿堂」などで、印字は主にれい書で素材はほとんど中国産の石です。
寸のものや両面印が多く、三十種で方谷の書のほとんどをカバーできると言います。

また、方谷先生のおいで家系を継いだ備中松山藩士の知足斎、漢学者で二松学舎大学長を務めた済斎、中国哲学専門で金沢大名誉教授だった個斎の後継三氏の印も同時に掲載。
方谷の印は遺墨集に添えたり、私家版にはあるが、印譜の公式出版は初めて。

市文化財保護審議会委員平見郡司さんが企画し、山田家や二松学舎大教官の協力で実現しました。

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。