山田方谷の生涯 第1章

 

 

山田方谷(1805年~1877年)は江戸時代末期から明治時代初期の漢学者、備中松山藩士です。 学者として藩に仕えていた方谷でしたが、藩主板倉勝静(1823年~1889年)のもとで藩政改革を断行し、大きな成功をおさめました。 勝静が幕府の老中となると、その政治顧問として幕政にも関与しました。 また、藩校有終館や方谷自身の私塾、明治以降には備前の閑谷精舎(閑谷学校)などで多くの子弟を教え、備中松山藩を支えた人々を育てています。越後長岡藩の河井継之助(1827年~1868年)のように他藩から来遊する者も数多くありました。方谷自身は明治維新を境に教育に専念し、世に出ることを拒みましたが、その思想、手法、人材は次世代の大きな財産として残されました。 山田方谷 紹介特別コンテンツ https://www.kurashiki-tabi.jp/yamada-… 山田方谷特別映像コンテンツ 「山田方谷のキセキ」 30分版 https://youtu.be/pXsV37R2wPg チャプター版 山田方谷のキセキ 1 https://youtu.be/vxC8stzKS1I 山田方谷のキセキ 2 https://youtu.be/WOmkU3muhw0 山田方谷のキセキ 3 https://youtu.be/myf37UePNyk 山田方谷のキセキ 4 https://youtu.be/sqoxc6C_1ZA 山田方谷のキセキ 5 https://youtu.be/53k-WR-FfQQ 山田方谷のキセキ 6 https://youtu.be/hwpjXaVGx3I

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。