山田方谷ゼミナールvol.4が発行されました

方谷研究会の機関誌、山田方谷ゼミナールvol.4が発行されました。

商品の説明
内容紹介
備中松山藩の財政再建に尽力した山田方谷の歴史研究誌。研究論文4本のほか、新しい史料の紹介や研究ノート(4本)を紹介。方谷の実像に迫る研究成果が充実!

出版社からのコメント
備中松山藩の財政再建に尽力した山田方谷の歴史研究誌。研究論文4本のほか、新しい史料の紹介や研究ノート(4本)を紹介。

著者について
山田方谷の優れた諸業績やその足跡について、歴史学的研究とその普及活動を進める研究会。現代の政策課題に積極的提言を行うことを目的として、専門の研究者や関心のある市民などを中心に、2012 年5月に設立された。会長は朝森 要氏(元吉備国際大学非常勤講師)、代表は太田健一氏(山陽学園大学名誉教授)。自治体職員や教育者、企業家、一般市民が会員となり、様々な視点から研究し交流している。

山田方谷ゼミナールvol.4
山田方谷ゼミナールvol.4

posted with amazlet at 16.05.31
吉備人出版 (2016-05-26)
売り上げランキング: 175,901

序文
朝森要(方谷研究会会長)

研究会報告論文
「三島中洲の思想とその影響—渋沢栄一と経済界—」
高橋義雄(方谷研究会理事)
「山田方谷の諸相—岡山県立博物館特別展『山田方谷』の紹介—」
竹原伸之(岡山県立博物館)
「山田方谷の対外政策論」
山本邦男(山田方谷に学ぶ会会員、方谷研究会会員)
「備中松山藩御用達・大坂屋の再建策をめぐって—山田方谷と野﨑家案の比較検討—」
小柳智裕(方谷研究会理事、山陽学園大学非常勤講師)

研究ノート・史料紹介
「野﨑家に伝わる吉田松陰二幅の掛軸について」
太田健一(方谷研究会顧問、山陽学園大学名誉教授)
「備中松山藩の農兵制」
朝森要(方谷研究会会長)
「三島中洲東宮待講就任のいきさつ」
太田健一(方谷研究会顧問、山陽学園大学名誉教授)
大坂中之島大同生命(備中松山藩蔵元)特別展示を訪ねて
小柳智裕(方谷研究会理事、山陽学園大学非常勤講師)

エッセイ・参加記
「方谷への素朴な疑問」
渡邊雅浩(山陽学園理事長)
「山田方谷と備中高梁」
石井亮作(方谷研究会会員、高梁方谷会事務局)
「研究発表会に参加して」
冨田恵美(方谷研究会理事)
書評
「山田方谷の陽明学と教育実践」倉田和四生・大学教育出版(片山純一)
「陽明学のすすめⅥ 三島中洲」深澤賢治・明徳出版社(片山純一)