改革の達人 幕府最後の老中主席の政治顧問 山田方谷とは


山田方谷マニアックストップページ » 空想大河ドラマ・運中の飛龍

おしらせ

・NHK大河ドラマ放映実現を求める全国100万人署名運動実行委員会の署名用紙はここからダウンロードできます。

・高梁高等学校同窓会東京支部の皆さんのご努力により、WEB上でのネット署名が可能になりました。非常に手軽に署名が可能です。!■オンライン署名サイト:http://springreen.jp/takakou/shomei/

第50話「友よ」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — admin @ 2:22 PM 2016年5月7日

小雪の死を受け生気を失っていた方谷のもとに旧岡山藩士で方谷の門人である谷川達海が訪ねてきた。谷川は陽明学の大樹として岡山で教鞭をふるってほしいと方谷に要望した。 しかし、寄りつく島もなく谷川の申し入れは断られた。 ガック […]

第49話「国破れて山川あり」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — admin @ 2:21 PM

明治維新、文明開化の波が押し寄せようとしていた頃、新政府の役人として東京で勤務している川田が長瀬の方谷宅を訪ねてきた。川田は大久保利通の命を受け、方谷に明治政府の大蔵大臣への就任の監促にきたのだった。 しかし、方谷は頑と […]

第48話「松山から高梁へ」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 2:21 PM

勝静は北海道にいた。榎本艦隊と行動を共にし、蝦夷共和国の設立をゆめみて北海道に渡ったのは12月のことだった。 そして数ヶ月、松山城開城以後、行方不明の藩主勝静候の捜索、主家の再興はは最大の課題だった。 松山藩藩士達は偽名 […]

第47話「蝦夷地へ」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 2:20 PM

大坂から命からがら脱出してきた慶喜一行はボロボロになりつつも品川の港にたどり着いた。「江戸にはまだ大量の兵力が残っている、ここより体制を立て直し、薩長を迎え撃つ。」勝静は息巻いていた、しかし慶喜は違った。 「余はミカドに […]

第46話「熊田の死」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — admin @ 2:20 PM

「大逆無道」の四文字を改めよ!という方谷の命をかけた抗議は家老大石の岡山藩への涙の訴えなどもあり受け入れられることとなった。問題部分は「軽挙暴動」と改められ、松山藩は誰一人命を落とすことなく事態を収拾しえたように見えた。 […]

第45話「備中松山城無血開城」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 2:19 PM

慶喜遁走のニュースは松山藩内にも電撃的な早さで伝わった。 「いよいよ、来るか」 藩主勝静が徳川と運命を共にし、備中松山藩は賊軍となった。鳥羽伏見の幕府軍大敗を受け、態度を明確にしていなかった諸藩はつぎつぎと新政府軍の旗を […]

第44話「鳥羽伏見の戦い」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 2:18 PM

王政復古の大号令により政権の座に着いた薩長はさらに徳川の勢力を奪おうと戦を仕掛ける機会をうかがっていた。徳川慶喜は全幕臣に対しくれぐれも薩長の挑発に乗らぬよう通達を出していた。対して薩長は嫌がらせともいえる様々な手で幕府 […]

第43話「小雪の結婚」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 2:17 PM

徳川慶喜の大政奉還を受けた岩倉具視は「王政復古の大号令」を発した。 政権をもてあまし徳川に泣きついてくるだろうという慶喜の思惑は見事にはずれ、これにより徳川幕府は名実ともに滅んだ。 一方方谷の廻りでも動きはあわただしくな […]

第42話「大政奉還」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 2:16 PM

慶喜の使った奥の手とは、政権を朝廷に返上するという物だった。政権を返上してしまうと徳川家も一藩にすぎなくなってしまう、しかし慶喜は朝廷には行政の執行能力はなく、徳川に泣きついてくるだろうと読んだ。 大政奉還の決定が慶喜か […]

第41話「再び幕府老中

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 2:16 PM

「徳川氏とともに倒れん」勝静の腹は決まった。しかしこのことは再び方谷を失意のどん底に落とした。 幕府はやっと見えた復権の兆しをもっと確固たる物にしようと、再びターゲットを長州藩に絞った。しかし時すでに遅し。坂本龍馬の仲介 […]

第39話「失望」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 2:15 PM

ふがいない!方谷は怒っていた。京都での幕府の度重なる失態を受け、方谷の怒りは頂点に達していた。 「もはや幕府には何の期待も持てません」 方谷は勝静に激しく老中辞職を願った。あまりの方谷の執念に勝静はついに辞職を決意、しか […]

第38話「京都へ」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 2:15 PM

文久3年3月、すでに重要用件の決定は幕府単独で決めることはできず、何でも朝廷にお伺いを立てなければならないまでに幕府は弱体化していた。 江戸に居たのではなにも始まらない。将軍家茂は老中勝静ら3千名をお供にきょうと二条城に […]