陽明学を志した日本人

中江藤樹 なかえ-とうじゅ 【中江藤樹】 (1608-1648) 江戸初期の儒者。近江の人。名は原、字(あざな)は惟命(これなが)、通称与右衛門。伊予国大洲藩に仕えたが、のち帰郷。初め朱子学を信奉、孝の徳目を重んじ「翁問 […]

岡田武彦撰 王陽明の名句十撰

「岡田武彦先生」と「王陽明の名句とその解説」の経過について 昨年11月、「高梁方谷を学ぶ会」に一通の文章が届けられました。 著者は世界的な陽明学の研究者として知られる岡田武彦先生、その文章のタイトルは「王陽明の名句とその […]

王陽明の生涯

儒学とは「人と共に生きる」ための学問である 「朱子学」と「陽明学」はともにいかにして儒学の教えを実行するかという精神論や行動論であり、「人のため」という基本姿勢は朱子学も陽明学も変わりない。 儒学の教えを広辞苑で引くと「 […]

陽明学の勉強

誠意とはなにか、と子供の頃に質問されたならば、以外と簡単に答えられたと思う。 今はどうか、山田方谷は自分の学問の根源に誠意をおいた、方谷の言う誠意とはどんなものか。 「古学大学」では誠意とは(自らを欺かない、誰もが同じよ […]

王陽明の実心実学性

ごろはまさんが二松學舍大学大学院文学研究科教授の小川晴久さんに公開許可を得てマニアックスあてに送っていただいた論文です。 また、ごろはまさんに校正までしていただき本当の心より感謝です。 <(_ _)> 是非是 […]