青年時代の方谷


神童誕生

今からざっと200年前の文化2年(1805年)阿燐少年は生まれた。
(リンという字の正確な部首は王であるが、コンピューター内に正確な文字のフォントがないため火偏の燐の字を使う)

備中松山藩西方村、現在の岡山県高梁市中井町西方、当時としてもかなり田舎の山奥の僻地で現在高梁駅から車で行っても3~40分かかる場所である。阿燐の生まれた家はこの地域の豪族で名字帯刀を許されていた家柄であったが阿燐の曾祖父がこの地域で事件を起こしたため家の財産は全没収、一家は追放処分となり御上の許しがおり、この地に帰ってきたのはそれから20年後のこととなった。

没落した名家をなんとか再興しようと阿燐の父は執念に燃えた、そんな環境に生まれたのが阿燐、後に松山藩をしょって立ち日本の幕末に大きな影響を与えた山田方谷であった。

阿燐の父の名は五郎吉、母の名は梶、二人の目的は「お家の再興」そしてその手段として選んだのが、息子阿燐の徹底的な教育だった。この時代、百姓の子が出世し名誉を得るには県と学問しかなかった、山田家は「お家の再興」という悲願を息子の教育に賭けた。特に母梶の教育ママぶりはすさまじく、また阿燐も母の期待に存分に応えていった。

阿燐は3才で漢字を覚え、4才になると筆で大書した額字を神社に奉納するまでになった。阿燐の大書は今も多く残り、その文字はとても4才の子供が書いた物とは信じがたい豪快なものである。

山田方谷と言う人物の一番の基礎はこの3~4歳の時に形成された。山田家には非常に厳しい家訓があり阿燐の父五郎吉は幼い阿燐であっても容赦なく接した。家訓とは下のようなものであり一見するとものすごいけちんぼにも見えるが、文節をよく見るとその内容は自分に厳しく、他人には優しくと言う情愛に満ちたものである。成人した後の方谷は父を嫌ったが、その後の方谷の政策の基礎である「民のための政治」・「義と誠」といった基本理念はまさに父五郎吉から受け継がれた。

山田家家訓

一.献上米二合を毎日なすべきこと。
一.ご神仏お初穂はこれまでどおりなすべきこと。
一.衣類は木綿に限るべきこと。
一.三度の食事は、一度はかす、一度は雑炊、一度は麦飯。もっとも母上には三度とも米をすすめ、夫婦の米は倹約すること。
一.酒のたしなみは無用のこと。
一.客の饗応は一汁一菜かぎり。
一.労働は朝七つ(午前四時)より、夜は九つ(二時)まで。召使いの人は世間なみ。
一.履物は、わらぞうり、引下駄、わら緒にかぎること。
一.からゆ、さかやきは月に三度。びんつけは倹約に致すべし。高銀の櫛、算は無用。
一.もろもろの勝負ごとはかたく無用。
一.芝居その他の見物ごとはかたく無用。
一.遊芸はいっさい無用。

さて、そんなけちんぼ山田家であるが、お家の将来をしょって立つ阿燐の教育に関しては妥協はない。阿燐少年はわずか5才にしてふるさとから20キロ以上もある新見藩の儒学者・丸川松隠の塾にあずけられた。当時塾に入門するのは庄屋の子などかなり裕福な層に限られていた、しかし、お家再興の執念に燃える五郎吉は予算も度外視して息子を送り出した。逆に言えば上の倹約家訓は阿燐の教育費を捻出するための物だったのかもしれない。とにかく阿燐は5才にして親の期待を一身に背負わされた。

母・梶の死

阿燐の入門した丸川松隠という人物、あまり知られてはいないが非常に優秀な人物であったとして歴史に残っている。丸川は昌平黌で知られる佐藤一斎と同門で、時の老中松平定信が昌平黌の学官として登用しようと丸川をスカウトした、しかし丸川は「自分は新見藩の人間であるので他に禄をもらう気はない」と言い定信の誘いを断り新見で塾を開いたという強者である。そんな丸川にとっても阿燐は特別な存在だった。幼いながらりりしく一人超然と座し、小さな手で大きな筆をふるい竜の踊る字を書く、阿燐はまさに神童である。丸川は自分の認めた神童阿燐を時に厳しく、時には孫のように愛した。

有名な逸話がある、ある日丸川塾を訪ねた客が、塾生の中にあまりにも幼い子供が交じっているのに驚き、おもしろ半分に阿燐にこう訊ねた。

「坊や、何のために学問をするの?」

阿燐は迷いもなくきっぱり応えた。
「治国平天下」

客は腰がぬけるほど仰天し絶句した。あまりにも見事な回答だった。
治国平天下とは朱子学の教本「大学」の最重要部分である、普通朱子学を学ぶ際、まず初等教育の「小学」を学びその後四書「大学」「中庸」「論語」「孟子」へと進む、阿燐は9才にして朱子学の必須4書を暗唱していた。

阿燐14才の冬、丸川松隠の元で順調に学問にいそしんでいた時、連絡がはいった、「母・梶の様態が悪い」という、阿燐は散る物もとらず母の元に駆けつけた。そこで阿燐が見た物は、やせ細り病でやつれ果てた母の姿だった。枕元に駆け寄った阿燐は思わず声を上げて泣いた。しかし、そんな阿燐を見た母は重い体をゆっくりと起こし毅然とした態度で阿燐に言った。

「阿燐、何しに帰った! 私のことは心配せんでええよろしい、おまえのやるべき事は学問です。ぐずぐずせんと、早よぉ丸川先生の所にお帰り!」

阿燐は言葉を失った、自分に残された道は病気の母の元を去り、丸川塾に帰ることだけだった。帰路を歩く阿燐の目前は常に涙で曇っていた。

そして10日後「母、危篤」の知らせが阿燐の元に届いた。胸のつぶれる思いで駆けつけたわが家で阿燐が見た物は愛する母の変わり果てた姿だった。

「そ、そんなっ、母さん、母さん・・・・」
幼い頃から塾に阿づけられていた阿燐にとって、最大の心のよりどころとなっていたのは、たまに届く母からの手紙だった。幼い阿燐は母からの手紙が届くたび、心から喜び、年に数回取れる休みに実家に帰ると、いつも門の前でわが子を待ちわびる母の姿を見つけていた。

「阿燐、ここに書いてごらん・・・阿燐・・阿燐・・」
厳しい教育ママだった母・梶だが、阿燐は母の奥に棲む「我が子を遠くに置く寂しさ」も十分に知っていた。阿燐の心の中にぽっかりと大きな穴が開いた、そして泣き崩れた。

数日後、母の死に打ちひしがれていた阿燐にさらに耳を疑いたくなるニュースが舞い込んだ。妻に先立たれた父五郎吉は、阿燐に学問の道を断念させ、家業を継がせる決断を下したというのだ。目の前が真っ黒とはまさにこのことである、阿燐は今まで信じてきたすべての物を見失い立ちつくした。

しかし、ここで父の前に立ちはだかった人物がいる、他でもない、阿燐を5才から引き取りほぼ10年間、子供・孫のように寵愛した恩師・丸川松隠その人である。

「五郎吉さん、あなたの気持ちは痛いほどわかる、妻なき今、二人の子供を抱え一人途方に暮れているのだろう、しかし、あなたの悲願は山田家の再興であろう、阿燐は神童じゃ、このまま阿燐に学問の道を歩ませてやれば、山田家は間違いなく再興できる。
これを見てくれませんか。」

丸川は五郎吉に阿燐の作った漢詩を見せた。

「これほどの天分に恵まれた子供を私は知らない。阿燐は学問をするべくこの世に生まれてきた子じゃ、梶さんもそれをよくわかっていた、だからこそ、自分の死期を悟っても阿燐を儂の所に帰らせた・・」

五郎吉は言葉を詰まらせた。
「わっ、わかりました・・・」
丸川松隠と言えばその名が江戸にもとどろく高名な儒学者である、その先生が自分の息子のことをここまで言うのでは父であってももまざる得ない、五郎吉はしぶしぶ承諾した。

阿燐がほっとしたのもつかの間、なんと五郎吉は母の喪が明けるのも待たずに再婚してしまった。いくら五才の弟がいるとはいえ・・父への感情は憎悪へと変化するには十分なののだった。

母が死に、阿燐の心の中は真っ白になった、自分がこれから何をしていいのか、何をするべきなのか、何をしても手に付かない、無気力状態である。
松陰は心配して言った
「阿燐、おまえは何のためにここにいる。母はおまえに何を望んだ? 父はおまえに何を託した?」

現在ならば中学1年の14歳の少年である、その少年に師は自分の人生を尋ねた。
阿燐は熟考の末こういった。

「父はたわしを生み、母は私を育て、天は私を育み、地は私を住まわせてくれた。私は何故生まれたのか、私は世を救うための仕事をなすために生まれたのでしょうか?
しかしこの仕事をなすのは難しい、今の私は何もせずただ寂しく柱に身を寄せて物思いにふけって、なにも成しえずただ草木のごとく枯れ果ててゆくのみです。
人は私に「おまえは考えすぎる」と、よく言われますが・・
川の流れはとどまることが無く、人の一生も瞬く間に過ぎてしまう。だが、私はずっと孤独だった、苦しいとき、悩みを打ち明けられる友もいない、父母天地の想いは極まりない。
私がそのご恩に報いることはできるのでしょうか・・・」

愛する母を失い、心の壊れかけた少年に師はこういった。
「陽気の発するところ、石もまた徹る。精神一到何事か成らざらん」
少年はうなずいた。

その一年後、あっけなく父が死んだ。
方谷、15才、あとにはほとんど面識のない継母と6才の弟が残された。
父は遺言の中で家業は弟の辰蔵に継がせ、阿燐はそのまま丸川先生の元で学問に励むよう言った。さらに財産は継母と叔父の辰蔵、そして方谷の3等分として学業に支障の無いよう考慮した。父最期の優しさだった。
しかし、叔父の辰蔵は体が弱くとても製油業を営める状態ではなく、方谷は断腸の思いで丸川塾を辞し、実家の油製造の家業を継いだ。

人生の転機

方谷、17才になっていた、世俗にまみれた日々の仕事は肉体的にも精神的にもつらい物だった。何とか独学で学問を続けようとしても夜になると疲れから勉強は思うように続かない、方谷の焦りはじりじりと精神を焼いた。

そんな折り、方谷は結婚した。相手は新見藩の娘で名を進と言った。学問の道を目指す方谷にとってこの結婚は忙しさに忙殺される日々からの脱出を願った一つの現実逃避だったのかもしれない。進との間に一人の子をもうけたものの、この結婚は方谷にとっても進にとっても大変不幸な結末を迎える、そして方谷の人生もこの結婚のあたりから、大きく動き出すこととなる。

文政8年、21歳の時、方谷の人生の最大の転機とも言えるかもしれない出来事が起こった。松山の片田舎、西方村で製油業を営む方谷農民に過ぎない方谷が、備中松山藩主・板倉勝職の目にとまった、勝職は神童方谷の噂を遅ればせながら聞きつけ、二人扶持の奨学金を出し藩の特待生として招き入れた。

人生最大の喜びだったかもしれない、今までかすんでいた目前の霧が晴れ、自分の未来像がくっきりと浮かび上がった。
「学ぶことができる! これで父母の志を継ぎ、お家の再興を果たすことができる」
藩庁からの帰り道、沙汰書を握りしめた方谷の足はいつの間にか弾んでいた。

藩公認の書生となった方谷は、まさに水を得た魚である。本業の製油販売もそこそこに学問に猛進した。まだまだ学びたい、今の上のレベルに登りたい、方谷の学問にかける思いは日を追うごとに高まった。しかし、案外早い時期この想いは大問題に変わる。丸川松隠という優秀な儒学者により10年間みっちりと勉強した方谷にとって、藩校有終館での学問はまるで物足りないものだった。

方谷は悩んだ、このまま甘んじて今の状態を続けるか、悩みに悩んだ末、方谷は師匠の丸川に相談した。
「安五郎、治国平天下を目指すならば旅立て。」
師、丸川松隠はそう言った。丸川の知人で儒学者の寺島白鹿の元に行き学問を続けるのが方谷にとっては最善である。丸川のことばで方谷の腹は決まった。
そして23歳の時、京都に遊学することを決意する。

文久10年(1827年)方谷は京都に旅立った。それは妻と生まれたばかりの娘を残してのかなり独善的なものである。いくら藩お抱えの書生になったとはいえ俸禄は二人扶持、妻と子、弟、継母を養うにはまだまだでりない、その上京都に行くにはそれなりの費用もかかる、たびの途中、死ぬ可能性もある。それでも方谷は旅立った。
家業の製油業の守はまだ14歳の弟、平人に任せた、どうしても、何が何でも京都へ。
京都へ立つ日、恩師丸川松隠よりある言葉が贈られた。
「儒教という学問には根元がある。探り求めてこい」

燃えるような闘志に後押しされてやってきた京都で方谷は打ちのめされた。
恩師丸川松隠のいう「儒教の根元」とは?
また国学である「朱子学」の「理」が何なのか、どうしても求める解答が導き出せない。京都の塾で一人座禅を組んで必至に考えても何の悟りも得ることはできなかった。

「ふがいない!」
自分に言った。猛烈な自己嫌悪が方谷を襲った。
「ただの井の中の蛙だ! 田舎の神童が自分を買いかぶりすぎていた」
そして、今回の京都遊学の期限はあっと言う間に訪れた。
方谷はただがっくりと肩を落として松山に戻るほか無かった。

2度目の京遊学

文政12年、方谷は2度目の京遊学に臨んだ。2年前の遊学では何も得ることのできなかった方谷にとっては念願とも言えるものであり、この時も方谷は寺島白鹿の門をたたいた。
この時の期間は約7ヶ月間、相変わらず故郷の師丸川松隠に与えられた宿題「儒教の根元」の探求に悩む方谷がいた。

方谷は焦った、「治国平天下」あどけない頃、自分が語ったなすべき事、
「どうすればできる・・・私は何をなせばよい・・」
そんな鬱蒼な気分の方谷が何かをつかんだのは一人禅を組み瞑想していた時だった。
「儒教の根元を求めるには天神の理を極め、生命の源に達し、大賢君子の境地まで上り詰めなければ不可能である!」
方谷の目指すべき目標が定まった瞬間だった。
「自分のなすべき事は功名を願い、博識を連ねて名を売ることではない、重要なのは行動である。地に足をつけ、自分の信念を達成する事、これこそが我が目指す道である。」

ただ学問を学び、その知識をひけらかしてもそれは国を救う頃には成らない。
陽明学をまだ知らぬ方谷が、陽明学の心理である「知行合一」を悟った。

当時の日本の国学は「朱子学」と言った。
朱子学とは中国から伝わった儒教の一派で、人間としての正しい生活のあり方を教えた思想・学問である、武家の子は「読み・書き・そろばん」だけではなく身分や立場を教える行動規範として朱子学を推奨した。

また朱子学は君主に絶対的忠誠を誓わせると言う考え方が基本にあり世を支配する幕府にとっては非常に都合の良い学問だった。
朱子はその学問の中で、「聖賢になるには、万物の理をいちいち究明し、この努力を積み重ねていくと、万理は一つに貫かれることがわかるようになる、この境地に達して始めて聖人や賢人になれるのである」と説いた。
朱子学ではこの「理」により万物はすべて解き明かすことが出来、「理」が「気」を通じて万物を形成している。という。

方谷にとってこの朱子学の抽象的な考え方は、学べば学ぶほど合点できないものの変わった行った。
「朱子学は現実社会では役に立たない。」
そんな想いが方谷の心を支配していった。

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。