改革の達人 幕府最後の老中主席の政治顧問 山田方谷とは


山田方谷マニアックストップページ » 第6話「京都遊学」

おしらせ

・NHK大河ドラマ放映実現を求める全国100万人署名運動実行委員会の署名用紙はここからダウンロードできます。

・高梁高等学校同窓会東京支部の皆さんのご努力により、WEB上でのネット署名が可能になりました。非常に手軽に署名が可能です。!■オンライン署名サイト:http://springreen.jp/takakou/shomei/

第6話「京都遊学」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 1:58 PM 2016年5月7日

すでに学力の高い方谷にとって藩校有終館での学問はとても物足りない物だった。

23歳になった方谷は、妻と生生まれたばかりの子を残し、家業を弟に托して京都に遊学にでた。
「京都に遊学してみては」という師匠丸川松陰からの提案だった。

この当時、長期の度は命がけである、家業も子供も妻も残し京都遊学をすることを方谷は悩みに悩む。
旅立ちの日、丸川松陰は方谷に宿題を出した。

「儒学には根源がある。それを探り求めて帰ってくる日を待っている。」