改革の達人 幕府最後の老中主席の政治顧問 山田方谷とは


山田方谷マニアックストップページ » 第42話「大政奉還」

おしらせ

・NHK大河ドラマ放映実現を求める全国100万人署名運動実行委員会の署名用紙はここからダウンロードできます。

・高梁高等学校同窓会東京支部の皆さんのご努力により、WEB上でのネット署名が可能になりました。非常に手軽に署名が可能です。!■オンライン署名サイト:http://springreen.jp/takakou/shomei/

第42話「大政奉還」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 2:16 PM 2016年5月7日

慶喜の使った奥の手とは、政権を朝廷に返上するという物だった。政権を返上してしまうと徳川家も一藩にすぎなくなってしまう、しかし慶喜は朝廷には行政の執行能力はなく、徳川に泣きついてくるだろうと読んだ。

大政奉還の決定が慶喜から勝静に密かに伝えられた。勝静はすぐ様にそれを方谷に連絡、大政奉還の原文の制作を命じる。

【勝静動向】
慶応3年(1867年)
• 9月23日、老中次座となる。(松平定昭の老中首座に伴う)
• 10月19日、老中首座に再度なる。(松平定昭の老中首座辞職に伴う)
• 12月30日、老中次座に再度なる。(酒井忠惇の老中首座に伴う)