江戸の勝静から方谷に江戸に来るよう招集の連絡が来た。
勝静が焦って方谷を江戸に呼んだのは、混迷を続ける幕府と自分自身の身の振り方を方谷に相談するためだった。幕府では家茂派と慶喜派の対立が激化し、さらには外国からの開国圧力も日々強まる。日本はまさに混沌の中にあった。

江戸に出発する間、方谷は継之助をあちこちに連れて行き藩の改革の進展状況を説明した。方谷は継之助の中に自分と同じなにかを見つけたのか、二人は短期間で非常に親密になっていった。
ある日方谷は自分が江戸に行っている留守中長瀬の家の留守番を継之助に頼んだ、継之助は二つ返事で此を了承、継之助が故郷に送った手紙で「山中で読書三昧する計画です。」と書いた。
しかし、この計画は方谷の妻みどりの大反対によりお流れとなってしまった。
そして数日後、継之助は当初の予定通り九州へ、方谷は江戸に向かった。

【事件・出来事】
• 桜田門外の変