改革の達人 幕府最後の老中主席の政治顧問 山田方谷とは


山田方谷マニアックストップページ » 第3話「母の死」

おしらせ

・NHK大河ドラマ放映実現を求める全国100万人署名運動実行委員会の署名用紙はここからダウンロードできます。

・高梁高等学校同窓会東京支部の皆さんのご努力により、WEB上でのネット署名が可能になりました。非常に手軽に署名が可能です。!■オンライン署名サイト:http://springreen.jp/takakou/shomei/

第3話「母の死」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 1:41 PM 2016年5月7日

人生の不幸は不意にまいこむ。
14才の方谷の元に届いた知らせは「母危篤」という物だった。いても立ってもいられない方谷はすぐに親元に向かう、しかし、やっとあえた母の口から出た言葉は

「私のことは心配しなくていい、おまえには学問の道がある。ぐずぐずしないで、すぐに丸川先生の元に返りなさい。」

その10日後、再び方谷の元に届いた母危篤の知らせ、息も絶え絶えにようやくたどり着いた方谷を待っていたのは行灯に照らされたものいわぬ変わり果てた母の亡骸だった。

母の死後、方谷に家業を継がそうとする父に対し師丸川松隠は何とか方谷にこのまま学問をと懇願、そして不運不幸は度々起こる。働きずめの父が母をおうように死んだ。