改革の達人 幕府最後の老中主席の政治顧問 山田方谷とは


山田方谷マニアックストップページ » 第29話「幕府寺社奉行」

おしらせ

・NHK大河ドラマ放映実現を求める全国100万人署名運動実行委員会の署名用紙はここからダウンロードできます。

・高梁高等学校同窓会東京支部の皆さんのご努力により、WEB上でのネット署名が可能になりました。非常に手軽に署名が可能です。!■オンライン署名サイト:http://springreen.jp/takakou/shomei/

第29話「幕府寺社奉行」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 2:11 PM 2016年5月7日

幕府で奏者番の役目を務めていた勝静が幕府より寺社奉行を命じられた。通常寺社奉行になるためには幕府に多額の賄賂を支払わなくてはならないはずが、賄賂なしの就任である。

此にはさすがの方谷も驚きを隠せなかった。

松平家の血を引く勝静にとって幕府の政治に関わることは至上命題といってもよい。寺社奉行への大抜擢を喜ぶ勝静だったが、方谷はうかない顔を浮かべた。

【事件・出来事】
• 松下村塾開講

【勝静動向】
• 板倉勝静、寺社奉行を兼任