改革には成功する方谷だが、家庭の方はいつも失敗つづき、2度の離婚にすっかりしょげている方谷のって唯一の救いは愛娘小雪の存在だった。しかし、方谷の廻りには常に暗殺の蔭がつきまとう、娘を危険にさらす訳にはいかない、方谷は小雪を矢吹久次郎の元に預けることにした。
またしても孤独の独り身となってしまった方谷を優しく救ったのが庄屋出身の女みどりだった。

控え身で優しいみどりを妻に持ったことで方谷は初めて家庭で安らぐことができた。