改革の達人 幕府最後の老中主席の政治顧問 山田方谷とは


山田方谷マニアックストップページ » 第2話「丸川松隠」

おしらせ

・NHK大河ドラマ放映実現を求める全国100万人署名運動実行委員会の署名用紙はここからダウンロードできます。

・高梁高等学校同窓会東京支部の皆さんのご努力により、WEB上でのネット署名が可能になりました。非常に手軽に署名が可能です。!■オンライン署名サイト:http://springreen.jp/takakou/shomei/

第2話「丸川松隠」

Filed under: 空想大河ドラマ・運中の飛龍 — タグ: — admin @ 1:40 PM 2016年5月7日

4才にして字を書くまでに成長した方谷にさらに学問を積ますために両親は幼い方谷を一人新見の儒学者-丸川松隠の元にやる。方谷はそこで神童ぶりを発揮しついには新見藩主にお目通りとなる。

そんな折、丸川塾で学習をしていた方谷に悲報が飛び込む、妹美知が病死したという。
方谷9歳のとき、丸川塾に松陰をたずねてきた客が、神童の噂の高い方谷が、木陰の下で熱心に本を読んでいるのを見つけてからかうつもりで聞いた。

「アリン君、君は何故学問をする?」「治国平天下」方谷少年はにこりとほほえんで答えた。

盆と正月、半年に一度方谷は実家に帰った。門にもたれて、我が子の帰りを待ちわびる母がいた。
わずか数日実家で過ごし、丸川塾に帰る方谷に母はとても短い手紙を渡した。
「学問にはげみなさい、体には十分きをつけて」