師門問弁録 が明徳出版より発行されました!

https://yamadahoukoku.com/wp-content/uploads/51OQT-xlF3L.jpg

『師門問弁録』を読む

商品の説明
内容紹介

『師門問弁録』には、方谷と門弟たちとの生き生きとしたやり取りが記されており、方谷が、いかに一人ひとりを理解し、対話を通じ、自ら考え、行動する人を育てようとしていたか、よくわかります。方谷が身をもって示してくれた“教育” から、私たちが学ぶことは多いのではないでしょうか。 (あとがきより)
内容(「BOOK」データベースより)

方谷が閑谷学校で、門弟たちと交わした学問上の問答をまとめた師門問弁録は、晩年の彼の思想を知る好資料。現代訳に解説を加えその特色を解明。
著者について

渡辺 道夫(わたなべ みちお) 1948年生まれ。立命館大学法学部卒業。山田方谷に学ぶ会代表世話人。元岡山県立美術館副館長。 著作に『入門山田方谷』(共編著、明徳出版社)、『山田方谷のことば』(共編著、登龍館)、『孟子養気章講義』(共著、私家版)、研究ノート「士民撫育の三急務策について想う」『山田方谷研究会会誌』3 などがある。 網本 善光(あみもと よしみつ) 1960年生まれ。筑波大学第一学群人文学類卒業。山田方谷に学ぶ会会員。元笠岡市 市民生活部長。 著作に『入門山田方谷』(共編著、明徳出版社)、『山田方谷のことば』(共編著、登龍館)、『孟子養気章講義』(共著、私家版)、研究ノート「山田方谷関連文書(藩政)一覧表 ~『山田方谷全集』より」『山田方谷研究会会誌』5 などがある。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

渡辺/道夫
1948年生まれ。立命館大学法学部卒業。山田方谷に学ぶ会代表世話人。元岡山県立美術館副館長

網本/善光
1960年生まれ。筑波大学第一学群人文学類卒業。山田方谷に学ぶ会会員。元笠岡市市民生活部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。