古の明徳を天下に明らかにせんと欲する者は、まずその国を治む。

 

古の明徳を天下に明らかにせんと欲する者は、まずその国を治む。
その国を治めんと欲する者は、まずその家をととのう。
その家をととのえんと欲する者は、まずその身を修む。「大学 経一章」

昔むかし、みずからの徳で人民を感化し、天下に太平をもたらそうとした者は、
まず自らがその国をしっかりと治めた。
みずから国をしっかりと治めようとした者は、まず自分自身の家や家庭の中を整えることが重要であった。
自分自身の家や家庭の中を整えようとするには、その前にまず自分自身の心を磨き、身なりを整え、徳のある行動をとらなくてはならない。
もとは政治的指導者になるための心得を説いたものですが、何に対しても言えることではないでしょうか。
仕事と向き合い、部下や周りの人と事業を進めるにしても、家庭が整っていなければうまくいかないし心も安定しません、何をするにもまずは「修身」が出発地点となります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA