経世済民を貫いた財政家・山田方谷その1(全10回)

11月1日に長崎で行われた戊辰戦争研究会長崎集結で山田方谷について発表されたおなさんから発表資料と解説をいただきました。是非マニアックスで紹介させてほしいと言ったところ、快くOKしていただきました。
ありがとうございます。
ということで早速発表させていただきます。

 みなさん、こんにちは、戊辰戦争研究会の小名です。少し、自己紹介をさせていただきますと、1963年に大阪で生まれ、学生時代までは、大阪に住んでいました。就職で上京し、現在は、埼玉に在住しています。
仕事は、普通の会社員で、自動車やバイクだけではなく、ロボットのアシモや航空機のホンダジェット作っている本田技研工業に勤めています。幕末に興味を持ったのは、かれこれ30年近く前になりますが、大河ドラマ「花神」を観てからです。
今日は、「経世済民を貫いた財政家・山田方谷」というテーマで発表させていただきます。また、長崎といえば、坂本龍馬ですので、方谷の弟子、河井継之助と比較、司馬さん語録など披露しながら、話をすすめていきたいと思います。まぁ、研究発表と言うほどの内容ではありませんが、聴いていただけると幸いです

  内容は、以下の通りです。堅苦しい発表ではないので、みなさん気軽にお聞きください。

 なぜ、今日、山田方谷を取り上げたかと言いますと、長崎市長の田上市長が、山田方谷のファンだからです。左上の写真が、みなさんご存知の田上市長です。
当初、長崎市長との対談だったのですが、市長は、忙しくスケジュールがあわかったため残念ながら、対談ではなく、私の発表のみとなりました。今日は、山田方谷のことを知っていただき、市長のものの考え方がわかる手助けになればいいなぁと思っています。
山田方谷に詳しい作家と言えば、真ん中の写真の堂門冬二さんでしょう。
著作には、改革者にスポットをあてた「上杉鷹山」今日発表する「山田方谷・河井継之助」などがあります。今日、東京から、全日空で来たのですが。
全日空の前社長大橋洋治さんも山田方谷を尊敬している企業家の一人です。右下の写真の方です。6期無配のANAを復配させるため、大橋社長は、いつも、山田方谷ならどう考えていたか。
退路を断った方谷のように自分も退路を断って全日空を立て直すと言う意気込みで取り組んだそうです。